スマイルデンチャー 入れ歯 使用者の声

使用者(患者さん)の声

入れ歯をしているのを忘れるようなフィット感

 

よくある質問

(Q)スマイルデンチャーは保険内で作れますか?

申し訳ございません。

残念ながら保険で作ることはできません。

(Q)スマイルデンチャーは金属がないだけで実際には結構不自然と聞きましたがどうでしょうか?所詮は入れ歯ですか?

各個人のお口の中の状況、歯の状況などにより、違いがあるとは思いますが、すごく自然か不自然かは、 見る方の感性にもよると思います。

しかし、私の経験上、患者さんがスマイルデンチャーをお口の中に入れて、鏡をみた瞬間、「わあきれい」という方がほとんどです。

(Q)スマイルデンチャーは硬いものを噛んだり、振動や衝撃などで外れたりしないものでしょうか?

硬いものを噛んで外れたりする方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。

ただし、基本的に入れ歯である以上、取り外しすることが前提ですので、極端な粘着物質などをかめば、外れたりすることもあると思われます。

ただこれも、入れ歯の歯の数とかお口の中の状況によって違ってきますので、一概にどうこうといえないところでもあります。

詳しくは、ドクターにご相談ください。

(Q)スマイルデンチャーよりもインプラントの方が、骨が痩せないという意味でよいと聞きました。実際は、どうなのでしょうか?

骨が痩せないという視点でみれば、インプラントの方がいいといえることもあるとは思います。

ただし、シリコンフィット優のようなクッションがしいてある入れ歯であれば、顎堤(がくてい、骨のこと)が保護されるので、インプラントとの差は解消されます。

(Q)スマイルデンチャーは、年配者で歯ぐきが痩せているような場合には適さないと聞きましたがどうなのでしょうか?

歯ぐきの状態よりも、残っている歯の状態の方が重要であると思います。よって、一概に適さないとはいえません。

(Q)スマイルデンチャーは、耐用年数が短いと聞きました。普通は2年程度しか保たず、使い方によっては1年で作り替えが必要になると聞きましたが、どうなのでしょうか?

スマイルデンチャーは、約4年くらい前に開発されたものなので、歴史は非常に浅いです。

当医院で、開発当初入れた患者さんは、月1回のメンテナンスを行っていますので、約4年ほどもっております。

基本的には、お口の中の状況により、変わってくるのは当然なのですが、一年に一度作り替える必要は当医院ではありませんでした。

ちなみに、一年以内で作り替えた方は、当医院において過去に3例ございましたが、みなさん紛失された方たちです。

(Q)スマイルデンチャーは、金属がないことを除けば、ほぼ保険で作る通常の入れ歯と使用感が変わらないといわれました。
また、薄く作れず、修理にも不向きだと。つまり、高い割には大したことないということだと思いますがどうなのでしょうか?

違和感、使用感に関しては、圧倒的に違うと思います。(当医院の患者さんの声として)

また、 厚さも薄いです。

修理については、できません。ただし、状況によっては、無料もしくは格安で修理を行うことができます。

(Q)入れ歯に金属床は最低限必要とも言われました。スマイルデンチャーには、金属床がないものもありますが、どうなのでしょうか?

患者さんのお口の中の状況により、変わってきます。自分の残っている歯があまりもの少ない場合(例えば6本以下など)は、スマイルデンチャーに金属をプラスしたTiプラス(チタン)や、Cプラス(コバルトクロム)をお勧めいたします。

(Q)スマイルデンチャーのデメリットとして、表面が汚れやすいため定期健診が必要、 また修理する際は医院(チェアーサイド)では出来ないため、お預かりになると聞きましたが、どうなのでしょうか?

スマイルデンチャーの汚れに関しては、スマイルデンチャー専用の洗浄剤があります。

これを毎日お使いいただければ、ほぼ良好な状況でスマイルデンチャーをご使用できます。

修理に関しては、お預かりするようになります。ただし、スマイルデンチャーが、割れたり、欠けたりすることはまずありませんので、修理することはないと思われます。

稀に修理が必要となる場合は、自分の歯が抜けてしまった場合です。すなわち、入れ歯に抜けた歯の分を付け足したりする場合は、 お預け頂くことになります。

スマイルデンチャーのショー歯科医院

住所 〒252-0002 神奈川県座間市小松原1-26-22遠藤ビル1F

電話番号 046-255-0118